サイト記事
 その他情報
 リンク紹介
 管理人
治療薬のメカニズム
ED治療薬がEDにどのように作用していくのか見ていきたいと思います。

EDは元々血管が収縮する、もしくは硬化することで発症します。
ペニスの内部は海綿体と呼ばれる細かい血管が集まっていますから、
その細かい血管までしっかりと血液が流れるように
血流が良くなければいけません。

その為、ED治療薬には血管拡張作用があるのです。

ED治療薬の副作用もほぼ全てこの作用によるものです。

ペニスの周りの血管だけ拡げることなどできませんし、
そんな事をしても意味がありませんから、
全身の血管を拡げるのです。

全身の血管を拡げるということは、
勃起しやすくなること意外にも非常に多くの作用が現われますので、
それらは全て副作用という事になります。

例えば、代表的なものでは頭痛です。
頭痛は基本的に血管が太くなることで起こります。

あのズキズキと痛むような感覚は、
血管が広がり脳を圧迫して発生していたのです。

また、アルコールを飲んだ時のように、
のぼせた感覚に陥ることもあります。

しかしこれは、アルコールを飲んだ時そのものですので、
慣れた人は多いかもしれません。

また、ED治療薬には、体内に既に存在する、
勃起を防ぐ作用のある成分を阻害する働きがあります。

これらのプロセスによって勃起を誘発するのです。
インポテンツの治療方法